「お豆富」作りにこだわりや誇りを感じる染野屋さん

日本の伝統の食材のひとつにお豆腐があります。
湯豆腐、冷奴、お味噌汁やお鍋の具、最近ではサラダにも使われ、季節を通して美味しく頂ける食材です。
このお豆腐作りを1862年(文久二年)から行っている老舗があります。
染野屋さんという、昔ながらの手作り製法と伝統の行商で、見栄えや扱いやすさを優先せず、江戸時代から続く美味しいお豆富を届けてくれるお店です。
この染野屋さん、お豆腐を「お豆富」と表記しています。
「お豆富」作りにこだわり、自信や誇りが伺えます。
そして、そのこだわりなどは、国産の大豆を100%使用する事や、無添加の天然海水にがりを使うなどの素材選び、手渡しを基本とした販売方法など、いろいろな部分で感じられます。
長い間、お店を続けるという事は大変なことですが、染野屋さんは、江戸時代から味や製法を守り、安心安全に「お豆富」作りを続けています。
これは、美味しい、信頼、誠実、安全、安心などがあるから続けられること。
これからも、このこだわりや誇りで美味しい「お豆富」を作り続けて欲しいです。